January 12, 2020

語呂のよい「ひふみ」にちなみ、来たる1月23日、新月のころ合い(イギリスでは24 日が新月)に「宇宙の真の歴史を知る会」を開催することにしました。場所はイギリス・ロンドン。エウリーナの拠点です。

宇宙の本当の歴史は、私自身、ずっと知りたかったことでもあります。地球以外の星々のこと、はるか昔に起こった宇宙戦争のこと、地球誕生の経緯・・・世界中のチャネラーたちによってこれまで断片的にもたらされていた宇宙の歴史について、その全体の歴史を最もよく知る宇宙存在、アシュターの助けを借りながら、真の詳細情報をおろしていきます。

ただしどのチャネリング...

January 2, 2020

皆さま、あけましておめでとうございます! 本年も、どうぞよろしくお願いいたします^^

さて、今日は2020年の大きな流れについてアシュターに聞いてみたので、シェアさせてくださいね。ではアシュターさん、どうぞ。

「みなさん、こんにちは。銀河連邦のアシュターです。2020年は、ぜひご自身の<意図>を大切に行動なさってみてください。良き意図が、良き結果を生むという意味で、意図をどこに設定するかがとても大切です。何か行動される際、視点を少し上にあげて、自分だけでなくより多くの人々が幸せになる選択を行ってみてください。相手の幸せが自分の幸せである...

December 12, 2019

久々に自分の過去生と向き合いました。

以前、あるチャネラーさんから、私の魂が持つ課題のキーワードは「悲しみ」だと言われたことがあります。顕在意識ではほとんどピンと来なくて、「なぬ〜!?」という感じで放置していました(笑)。その頃、Oshoのカードを引いても「sorrow」というキーワードが出てくることがしばしば。日常生活で「悲しみ」と言える感情はその頃、あまり感じることはなかったし、私の性質そのものに悲しみのエレメントは少ないと感じるので、「悲しみ」って・・・何だろう? ずっとそう思っていました。 

もちろん、私がミディアムとして目覚め...

December 11, 2019

みなさんは、自分の星のルーツを知ることに、意味があると思われますか?

せっかく地球に生まれて、地球の歴史の中で生きているのだから、その中で十分学びもあるし・・・そう考えて日々を送られるだけでも、もちろん切磋琢磨することができます。多くの人間関係の中で、自分の感情を見ていくだけで気づきは無数にある。全ては今現在の自分自身の反映だから。

そうした日々の中で、どうしても超えられないリミットや枠組みが出てきたとしたら、そして、それを乗り越えてみたいと思われたら、今世のことだけでなく、過去生に遡ってみることも有効だと思います。学びが持ち越されてい...

November 24, 2019

さて前回の投稿で、エウリーナを通してアシュタールが地球情報をおろし始めた、というお話をしましたが、宇宙存在としてのアシュタールが、私たち地球人に伝えたいメッセージとはなんなのでしょうか。

今回、二つのイベントで複数の皆様を前にお話していたことをまとめますと:

・オリオン大戦によって傷ついた各星の魂たちの終着地としての地球。その地球は、宇宙存在たちがゼロから創ったものであること。そしてここが、愛を実現し、互いに認め合い、切磋琢磨して統合を進めていく場であること。

・「アシュタール」の名の下におろされている現在の情報の90パーセントは、本やブ...

November 23, 2019

日本に一時帰国中、さまざまな出会いがありました。考えられないスピードでいろいろなことが起こり、ご縁が繋がり、新たな発見があり、奇跡が起き、未来の扉が開く準備が整いました。

毎年のことではありますが、ルーツの確認、ご挨拶、エネルギーの充電をするための神社仏閣めぐりも精力的に行いました^^   神社へ行くのは、神様を拝むためではなく、自分自身と向き合い、充電をすることが大きな目的のようです。今回巡ったのは、岡山の石上布都御魂神社、吉備津彦神社および吉備津神社、弘法大師ゆかりの善通寺、淡路島の岩戸神社、京都の鞍馬山および貴船神社、そして名古...

October 23, 2019

現代社会において、最も誤解されているものの一つに、セックスがあります。 愛し合うもの同士のまぐわいは、とても神聖なものです。愛する二人がまぐわうことで互いにエネルギーを受け取りあい、そのエネルギーによってより力強く、あるいは美しくなります。

October 12, 2019

4年ぶりにツインの彼に会いました。今日はそれにまつわる話をシェアさせてください。

「会う」というとちょっと語弊があるかも^^;  彼の仕事の成果発表の場に無理やり行って、無理やり再会した感じですw と言っても、もちろん導かれているし、必然の流れの中にいるのですが。

エウリーナのこれまでの霊的な体験については、下記2つの記事をお読みください:

エウリーナについて【前編】

エウリーナについて【後編】

この再会には、実は前振りとなる出来事がいくつかありました。

まず今回の再会の前日、人生で三度目のワンネスを経験し、霊的な気づきがあ...

October 8, 2019

イギリスの北コッツウォルズに、The Rollright Stonesという先史時代のストーン・サークルがあります。

石自体の大きさは、ストーンヘンジに比べるとかなり小さく、円そのものも直径31メートルと、こぢんまり(といっても、運ぶのは相当大変だそうですが)しています。地元特産のジュラ紀の石灰岩でできているので、これまた石の出どころに謎の多いストーンヘンジとは一線を画します。時代的には紀元前3500年から1500年頃のものと言われています。

メインのサークルはKing’s Men(王の兵士)と言われ、少し離れたところに一つ石のKing...

September 23, 2019

現在進めているプロジェクトでよく地方に行くのですが、その先々で土地にまつわる歴史というか、その土地に住んだ人々の波動を読むこともあり(読まさせられているというか・・・)そんなこともここでもっと書いていきたいなと思ったりもしております。

今日はその一例を。

先日、英国を代表する庭園であるヒドコート・マナー・ガーデンを訪れました。ここはローレンス・ジョンストンという裕福なアメリカ人男性が英国に移住した後、ガーデン・デザインの専門家として生涯をかけて築き上げた素晴らしい庭園です。その彼を手伝ったのが富裕層の園芸家であったノーラ・リンゼイという...

Please reload

Latest blog

December 12, 2019

December 11, 2019

Please reload

Please reload

Archive
Please reload

© 2017 Eulina Lemuria.