エウリーナとセリシテ王の物語【序章】



みなさん、こんにちは!

エウリーナです。


エウリーナという名前は、レムリア時代に生きた女性、つまり私の過去生にあたる女性の名前です。


私は2015年8月に、ある男性と出会いました。その男性と出会った直後に、ある魂が私の身体の中に入ってきました。「入ってきた」とは文字通りの意味で、その日から私の身体には2つの意識が宿ることになりました。


その魂との奇妙な共同生活については、いずれ文字にするかもしれませんが、このブログでは2017年に私が受けたQHHTセッションの内容を、ほぼそのまま文字に起こす形で綴っていきます。


QHHTは催眠療法の一種で、ハイヤーセルフや超意識とつながることで、三次元意識の本人の質問に答えていくというものです。私は2015年夏以降に得た、私自身の魂に関する情報を確認するために、このセッションを受けました。従って、このブログには様々な人物が登場することになります。


基本的な登場人物は:


QHHTの熟練プラクティショナーである「Tさん」

レムリア時代の女王「エウリーナ」

エウリーナの対の魂「セリシテ王」

エウリーナの三次元レベルの本体である私「M」

Mが2015年夏に出会った男性「J」


となります。


初めて読む方には、かなり複雑な内容だと思いますが、エウリーナという女性を知っていただくのに、最も手っ取り早い方法だと思うので、そのまま載せます。


さぁ、長い物語の始まりです……


エウリーナとセリシテ王の物語【序章】


レムリアの神殿が見える。天井が高く、ギリシャの神殿に似ている。玉座に王が座っている。赤茶色のガウン。ヒゲを長くのばして杖を持っている。臣民のような人びとが周りにいる。エメラルド色の洋服を来た女性の姿も見える。栗色の髪の毛の若い女性。王のパートナーであるエウリーナだ。泣いている。「王様が私を裏切った」


ある女性が、ある計画を画策し、エウリーナを騙した。別の女は、エウリーナの魂に魔法の粉をふりかけ、その能力を奪おうとした。たくさんの女がエウリーナとセリシテ王のことを引き裂こうとした。王様はあるときこう言った。「お前はもうお妃ではない。俺はこの女を選ぶ」と。胸が痛い・・・。とても傷ついた。誰にも言わなかった。「私はどうすればよかったのだろう」と、嘆くエウリーナ。王様はこう言う。「お前がどうしてそのような女になってしまったのだ。どうしてだ、あの心の美しさはどこにいった?」エウリーナは変わった。清らかなエウリーナは、苦しみ抜いたため、魔性の女になった。


エウリーナ「セリシテ王よ、どうしてあのとき、私を守ってくれなかったの? あなたが私をここまで苦しめた。私はここ(地球)に来たくなかったのに、お前のためにここに来たのだ。私の魂をあなたが呼んだから来たのですよ。どうして私がこんなところに? あいつが呼んだからきた。私は地球などに来たくなかった。私はとても辛かった。なぜあんなことが起こったのか? ありえない。王が私以外の女に心を奪われた。そんなことはありえない。苦しかった・・・私のことをまだ思ってくださる皆さんがいたのですが、でも、そのことを皆さんとシェアしたいと思っていなかった。私はそれを言いたくなかった。でも、辛い気持ちをずっと持ち越していることもイヤだし・・・でも、ずっと辛かったのです。誰か助けて・・・私はもうこんな感情を持っているのはイヤだ・・・誰か助けて!」


Tさん「あなたは、そこから何を学びましたか?」


エウリーナ「私の学び・・・魂の学びは・・・この世にあるすべてのことが、ただのマボロシであるということを見極めたかったのかもしれません。それ以上はない。こんな気持ちをもって、この世に生まれてくるということ自体、イヤです。私の魂がそれを計画していたわけではない。エウリーナというのは私ですが、もっと深い部分の女性性を表していました。悪魔がそのようにするよう、私をそそのかしたとでも言うのでしょうか。


私の中に入っている人、この人が、私を地球に連れていこうとした。私はそれを拒絶したかったのだが、どうしてこうなったのでしょうか。私の中に入っている人は悪魔のよう。でもそれは、レムリア時代に私の中に入って苦しめた存在ではありません。


最初からお話しましょう。美しい魂をもった女が、ある星から流れてきました。その星に戻ろうという認識を持ってきたのですが、そこにとらわれてしまいました。その星、つまりアンドロメダに戻ろうと懸命にもがいているのに、どうして戻れないのだろう。なぜなら、私はあの人と一緒にいられなくなる何かがあったからだ。それは私自身の問題。私はセリシテ王がとても憎くなり、私の魂を、憎しみをもって受け入れなさいというふうに思うようになった。


私が今世であの人(三次元における対の魂「J」)に再会したときに、あの人に対して反応しようという意識を選択しませんでした。でもあの人は、とても私の魂を懐かしみ、反応したのです。なぜこの人は私のことを切望するのかと思った。私は、胸の部分に響くということをしなくてはならなかったのに、まったく反応しなかった。それはなぜかというと、その魂(Mの身体に入ってきた魂)が私をはばんだから。


私の中に入ってきた魂は、クニトコタチという存在です。私たちは原初の最初から、この世に生を受けて、太古よりももっと昔、天の川銀河が生まれるよりももっと昔に、この世に生を受けました。そのとき、私は何か足りないものがあると思いました。私はそのときに、『闇』というふうに思ってしまった。すると、この存在が素早くやってきて私を虜にしようとした。私は、この存在に魅入られないように頑張ってあの人のそばにいようとしたのに、あの人が私を手放そうとしたので、私はとてもつらく、どちらに行けばいいのか分からず、闇の存在のほうを向いた。いっときのことですよ。私はそのことを、彼に対して言いませんでした。ごめんなさい。そして、私はそのことをとても人には言えなくて、どうしようと思いました。それで私はそのことを、この人たちに言おうと決心しました。あなたの魂が私をここに導き、私はセリシテ王との確執に終止符を打つことを選択した」


Tさん「あなたがここに来た理由は?」


エウリーナ「あの人のことを許すのですよ、もちろん。でも、セリシテ王は、私につらい思いをさせたのだ。私だけでなく、お前も同じように苦しむのだ。私はこの者と一緒にお前を苦しめたいと思った。だがそれはできなかった。お前の魂は昔から私のものなのだ。そのことを知らずして、なぜそのような・・・」


Tさん「あなたが知らないところで、彼の魂も苦しんだと思いませんか?」


エウリーナ「そんなことは思いません!」


Tさん「すべてのカルマは自分のところに戻ってくるものではないですか?」


エウリーナ「そんなことないです」(すねる)


Tさん「では、どのように終止符を打ちたいですか?」


エウリーナ「私の魂はもうそのようなところにはないということを、あの人に知ってもらいたいだけです。本当に腹が立つ。あのときのことを、もっと知ってもらいたいだけ・・・。」(すねる)


Tさん「では、直接会って、解放するしかないですね? アンドロメダに帰りたいのですよね?」


エウリーナ「帰りたい・・・」


Tさん「では、そういった感情はぜんぶ解放し、真っ白になって帰るのがいいのでは?」


エウリーナ「うん」


Tさん「胸の中に収めている感情を、すべて手放して・・・あるいは光に帰ってもらいましょう・・・」


エウリーナ「あの人の魂がそれに合意していればです」


Tさん「では、セリシテ王のハイヤーセルフに聞きましょう。今、その感情を手放す準備はできていますか? 合意してもらえますか?」


セリシテ王らしき存在「うん」


Tさん「では、エウリーナさんと一緒にやりましょうか?」


エウリーナ「どうして私のことを、そのようにやさしく呼ぶのですか・・・」


Tさん「さきほどセリシテ王は、謝ってくれたではないですか。それに対してどう言いますか?」


エウリーナ「もういいですよ・・・」


Tさん「セリシテ王はなんと言っていますか?」


セリシテ王「わしはお前のことを愛した。ただそれだけだ。ごめんねエウリーナ、辛い思いをさせて。君から辛いという気持ちが伝わるたびに、僕はとても辛くて・・・でも辛いという気持ちをここで持ち越したくない。私はセリシテ王です。」


エウリーナ「わたくしは・・・少し気が晴れました。もやもやも、もう大丈夫です。うふふふふ。ありがとう」


セリシテ王「Jは僕で、僕がJなんだ。大丈夫だよ。君がそこに引っ越したことを彼が知らないわけはないんだ。」(Mはメッセージを受けてJの居住区に引っ越していた)


エウリーナ「どうしてそれが分かるの?」


セリシテ王「それはね、ボクたちがJにいろいろなことを・・・うーん、お星様に聞いてごらん。星々に聞け。君が今世でやりたいこと。それは、今世でJと一緒になることじゃないか。それをちゃんとやりなさい。僕たちはそれを見届ける前に出ていってもよい。まだ君にそれができないのなら、僕たちはまだしばらくここにいるよ。どうして君はそこに引っ越したの? どうしてそうしたの? 彼と一緒になりたいからでしょう? だったらそれに向き合い、ちゃんと生きなさい。私のことをもう忘れ、好きにやりなさい。僕たちはもうそこにはいない。もう何度も言ったのに。君は僕にとらわれ過ぎている。」


Tさん「今、話をしているのはどなたですか?」


(つづく)


特集記事
最新記事